コメント
自分用の取材メモも公開してみました。
資料を時系列で並べたりとか、個人的によくしているので。
現在は、原子炉建屋周りのサブドレンがほとんど停止中で、
結果、地下水が建屋に流れ込み、高濃度汚染水が増え続けています。

サブドレン稼働状況の資料について。

・海側遮水壁を閉合(2015,10)してから 、護岸エリアの地下水の水位が上昇。

・梅雨や台風など降雨量が上昇する際、地下水の溢水が懸念されていた。

・2016.8の台風の豪雨の際、護岸エリアの地下水の溢水対策のため、護岸エリアの地下水くみ上げ(地下水ドレン)を優先するため、

原子炉建屋周りのサブドレンを停止。

(・その対策も空しく、2016.9には3回、地下水が地表に達する。)

参考記事

4m盤の高濃度汚染されている地下水が地表に達した:東電は対策不足を認める

4m盤(護岸エリア)の地下水が地表に溢水【資料集】

【取材メモ】 気象庁降水量、バキューム汲み上げ時刻&汲み上げ量、地下水ドレンポンドBの水位の相関

・現在も、原子炉建屋周りのサブドレンは、台風対策の際の停止状態が続いており、

結果、原子炉建屋に流れ込む地下水は増加している状況。(=高濃度汚染水は増加している状況)

 

8.16時点(通常の稼働状況)

 8.23時点
(台風による豪雨で、護岸エリアの溢水が懸念されるため、護岸エリアの地下水ドレン汲み上げ優先のため、サブドレンの汲み上げを停止)

8.30時点

9.6時点

https://www.nsr.go.jp/data/000164255.pdf
https://www.nsr.go.jp/data/000164255.pdf

9.13時点

9.21時点

http://www.nsr.go.jp/data/000165850.pdf
http://www.nsr.go.jp/data/000165850.pdf

9.27時点

10.4時点

10.11時点

 10.18時点

(え? サブドレンの稼働が戻るどころか、こんなに停止していたの?? 10月は降雨量が突出して少なかったのに?? これでは建屋内に流れ込む地下水が増えすぎて、高濃度汚染水が増えてしまうんだけど…)

 

【随時資料追加】