東京電力

3行まとめ

・11月7日、タンクの建設工事中に鋼材が落下、3名の作業員が負傷。
うち1名は一時意識不明となる。(現在は意識回復)
9月20日もタンクの建設工事中に鉄パイプが落下、背骨の骨折の事故があった。


50代作業員1名は一時意識不明

11月7日午前11時23分頃、J2タンクエリアにて、建設工事中に金属製レール(長さ25m、重さ390kg)高さ13.2mから地面に落下したあと、跳ね返って作業員3名に当たった。

その3名のうち50代作業員1名が意識不明、ドクターヘリで福島県立医科大に搬送されるが、その搬送中に意識を取り戻す。
40代2名は、骨折などの怪我をし、いわき市立総合磐城共立病院へ搬送された。

同様の事故が9月20日も発生

9月20日もタンクの建設中に鉄パイプが落下し、協力企業の40代作業員が負傷した。タンクの底板の溶接部分の非破壊検査の実施中、鉄パイプ(長さ1.5m、重さ4kg)高さ13mから落下し、下にいた作業員の背中に当たった。
福島労災病院に搬送され、第3胸骨の棘突起骨折、全治1ヶ月と診断されるも、22日午後は事務作業はできるとされ不休災害となる。

当時、事故について筆者が取材すると、東京電力は「なぜそこまで単管(鉄パイプ)が落ちてきたのか、現在、確認中である」とのことであった。

確認・検証はきちんと行われたのであろうか。 安全面がおろそかになるような無理なスケジュールではないのだろうか。
1ヶ月半後に、同様の事故が発生ということで、きちんと検証し、対応策を練って頂きたい。


【東京電力からのご連絡】福島第一原子力発電所での作業員の負傷者発生について

(東京電力からのメール13:38)
報道関係各位
 本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みをいた
だいた方にお知らせしています。

○平成26年11月7日午前11時23分頃、福島第一原子力発電所J2タンクエリアに
 おいて、タンク建設工事中に鋼材が落下し、作業員3名が負傷し、そのうち作
 業員1名に意識がないとの連絡が緊急時対策本部にありました。これを受けて、
 11時35分に救急車を要請しました。

○負傷者3名のうち重傷者を除く2名については、午後0時33分に福島第一原子
 力発電所を出発し、その後楢葉町にて消防防災ヘリに乗り換え、いわき市立総
 合磐城共立病院へ向かいました。

○重傷者1名については、救急医療室にてドクターヘリの医師による処置を行っ
 た後、午後0時51分に救急医療室を退室し、現在ドクターヘリにて福島県立医
科大学へ搬送しております。

○当該作業員3名に身体汚染はありませんでした。

○本メールには返信できませんのでご了承ください。

                                 以 上