高性能ALPS(多核種除去設備)のホット試験(放射性物質入りの汚染水での試験)開始。

ALPSは変形は亀裂や漏えいばかりでうまくいっていないから、高性能ALPSは何とかうまくいってほしいけど…
ホット試験をすると、設備が汚染されてしまい、調整など管理が難しくなります…
(東京電力からのメール、12:29)

参考URL
────────────────────────────────────
             東京電力からのご連絡
────────────────────────────────────

報道関係各位

 本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みをいた
だいた方にお知らせしています。

○福島第一原子力発電所高性能多核種除去設備のホット試験開始に関する続報で
 す。

○高性能多核種除去設備については、本日(10月18日)午前10時43分に、RO濃
 縮塩水を用いた系統試験(ホット試験)を開始しました。

○なお、運転状態については、漏えい等の異常がないことを確認しました。

○本メールには返信できませんのでご了承ください。


<お知らせ済み>
-----------------------------------------------------------------------
○高性能多核種除去設備については、本体の設置が完了したことから、明日(10
月18日)よりRO濃縮塩水を用いた高性能多核種除去設備の系統試験(ホット
試験)を開始します。

○なお、ホット試験初期は間欠運転等で慎重に汚染水処理を実施し、処理量を徐
 々に増加させて性能を確認していきます。

○高性能多核種除去設備概要については、当社ホームページに掲載しております
 ので、ご参照願います。
URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/l140922_04-j.pdf
(PDFページ、11/87~16/87)

                                以 上