今朝の地震で3号機の使用済み燃料プールの冷却装置が失われてたけど、復旧したとのこと。

東京電力からのメール8:25

【東京電力ホールディングスからのご連絡】2016年11月22日地震情報(福島第一・福島第二原子力発電所関連)(続報)

────────────────────────────────────
         東京電力ホールディングスからのご連絡
────────────────────────────────────

報道関係各位

  本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みを
 いただいた方にお知らせしています。

○本日(11月22日)午前6時10分頃、3号機の使用済燃料プールを冷却していた
 冷却浄化系ポンプ(A)が停止しましたが、午前7時47分頃、冷却浄化系ポン
 プ(B)を起動し、冷却を再開しました(冷却再開時のプール水温度は29.5度)。

○現在、両発電所においてパトロールを継続中です。

○本メールには返信できませんのでご了承下さい。

                                以 上


<以下、お知らせ済み>
———————————————————————–

○本日(11月22日)午前5時59分頃、福島県沖を震源とする地震(M7.3)が発
 生しました。

○福島第一原子力発電所の状況は以下の通りです。
 ・現在のところ、地震による各号機設備の異常、モニタリングポスト指示値
  の有意な変動、けが人の発生は確認されておりません。

○福島第二原子力発電所の状況は以下の通りです。
 ・6時10分頃、3号機使用済燃料プール冷却浄化系ポンプにおいて、スキマ
  ーサージタンク水位低警報が発生し同ポンプが停止しました。ポンプが停
  止した時点のプール水の温度は28.7度で、冷却系停止時の水温上昇率は0.2度/
  時であり、保安規定の運転管理上の制限値(65度)までは約7日間の余裕
  があります。
 ・その他、現在のところ、地震による各号機設備の異常、モニタリングポス
  ト指示値の有意な変動、けが人の発生は確認されていません。

○現在、両発電所においてパトロールを実施中です。

○なお、両発電所において観測された地震計の最大数値は以下のとおりです。

 ・福島第一原子力発電所 水平:54.2ガル(6号機)
             垂直:45.5ガル(6号機)

 ・福島第二原子力発電所 水平:68.4ガル(1号機)
             垂直:65.6ガル(4号機)

○本メールには返信できませんのでご了承下さい。

                                 以 上