(原子力規制庁からのメール4:17)

(川内、玄海、伊方、異常情報無し)
(ていうか、今夜だけで5本目の原子力施設の地震メール。
もう、いったん川内を止めたほうが、少なくとも確認の手間は省けるし、リスク下がりますよね…)

報道関係者各位

本日(16日)3時55分頃に熊本県で発生した地震(余震)による原子力施設への影響について、お知らせします。(4時14分現在)
(現在、各施設ともに異常情報は入っていません。)
(今後、特に異常情報がない限り、本報をもって今回の余震に関する最終報とします。)

1.原子力発電所
<九州電・川内(PWR)>
鹿児島県:最大震度2
薩摩川内市:震度1
1・2号機:運転継続中
○プラントの状態に異常なし。
○排気筒モニタ、モニタリングポストに異常なし。
○地震計の指示値(1号機で代表)
・広報用地震計の指示値(下記設定値の参考値。)
(補助建屋最下階)0.8gal、
(補助建屋1階) gal数検知せず
・原子炉自動停止設定値
(補助建屋最下階)水平方向160gal、鉛直方向80gal
(補助建屋1階) 水平方向260gal

<九州電・玄海(PWR)>
佐賀県:最大震度3
玄海町:震度1
1・2・3・4号機:定検停止中
○プラントの状態に異常なし。
○排気筒モニタ、モニタリングポストに異常なし。

<四国電・伊方(PWR)>
愛媛県:最大震度3
伊方町:震度3
1・2・3号機:定検停止中
○プラントの状態に異常なし。
○排気筒モニタ、モニタリングポストに異常なし。

以上