気象庁の記者会見中、
東京電力から、安定の(!?)漏えいメールがきていました。

ALPS(B)系の吸着塔付近に2か所の水溜りとのこと。
ALPS(多核種除去装置)の吸着塔とは、放射性物質の除去のため吸着させる部分のひとつ。
なので、ここからの漏えいは、高濃度の汚染水が予想されます。

東京電力からのメール14日23:33

【東京電力からのご連絡】

福島第一原子力発電所 多核種除去設備における漏えい検知器の動作について

────────────────────────────────────
             東京電力からのご連絡
────────────────────────────────────

報道関係各位

 本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みをいただ
いた方にお知らせしています。

〇本日(4月14日)午後9時45分、多核種除去設備において、漏えい検知器が動作し、
 「吸着塔6B入口pH計ラック漏えい/異常」警報が発生しました。

○当社社員による現場確認において、多核種除去設備B系統の吸着塔付近に約20cm
 ×10cm×1mmの水溜まりが2箇所あることを確認しました。

○水溜まりは堰内に収まっており、外部への流出はありません。

○本メールには返信できませんのでご了承ください。

                                  以 上